​特別養護老人ホーム桜の園

特別養護老人ホームは、介護保険法例に従い、ご利用者様が、その有する能力に応じ可能な限り自立した日常生活を営むことが出来るように支援することを目的とした施設です。

日常生活を営むために必要な居室および共有施設等をご利用いただき、介護福祉瀬説サービスを提供します。
この施設は、身体上または精神上著しい障がいがあるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な方がご利用頂けます。

​ユニット型特別養護老人ホーム

​10名の個室と、キッチン、リビング、洗濯機、浴室用の共有スペースをひとつの生活単位(ユニット)として、ご自宅での生活に近い日常生活を送っていただきます。利用者とケアワーカーが一緒にご飯を炊いたり、洗濯ものをたたんだりと、家庭の雰囲気を大切にしながら、できる限り自立した生活を送れるよう、支援いたします。ユニットにはユニットケアリーダー研修を受講したユニットリーダーを配置しています。
-利用対象-
定員:30名
​対象者:おおむね65歳以上の要介護以上の介護認定を受けられた高齢者の方

-特徴-
1.入居者が個性やプライバシーを尊重しやすい。
2.少人数による共同生活のため、他の利用者との交流が生まれやすい空間。
​3.生活様式がご自宅に近く、リラックスして滞在ができる。


 

地域密着型特別養護老人ホーム

4名分の従来型個室と、多床室(4人部屋)を4室備えた定員20名の特別養護老人ホームです。入浴、排泄、食事等の介護、相談および援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上のお世話等を行います。その他機能訓練、健康管理および療養上のお世話を行うことにより、入所者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指します。

-利用対象-
定員:29名
​対象者:おおむね65歳以上の要介護以上の介護認定を受けられた高齢者の方、及び杵藤地区3市4町(武雄市、鹿島市、嬉野市、大町町、江北町、太良町)の介護保険被保険者の方

-特徴-
1.地域密着型のため、入居者がなじみのある地元の人で構成されている。
2.多数での住まいとなり、活気ある賑やかな空間。
3.集団リハビリの相乗効果


 

主なサービス内容(ユニット型・地域密着型)

◆滞在中の居室の提供
◆食事介助・入浴介助・排泄介助等の日常生活継続支援
◆看護師による健康管理
◆機能訓練
◆在宅復帰支援
◆退所前・時・後訪問相談援助
◆栄養マネジメント
◆理美容サービス 等・・・
​※職員体制によりサービスの内容に変更が生じることがございます